Colombia

Inmaculada Geisha Natural【ホワイトムスク】

¥2,500

白い花、ホワイトムスクのように甘く芳醇な香りのする、繊細かつエレガント
なコロンビアゲイシャです。冷めていくごとに、カリン、白桃、そして抹茶の
ような上品なタンニンが残ります。有名農園の最高ロットを今年も優雅にお楽しみください。

FLAVOR NOTES

甘さ / sweetness

酸味 / Acidity

苦み / Bitterness

white owners and white musk

★★★★☆

★★☆☆☆

★☆☆☆☆

COUNTRY

RIGION

VARIETY

ATITUDE

PROCESS

CROP

Colombia

Cauca

Geisha 

1,750m-1,850m

Natural

2021/2022

 

This Colombian Geisha is delicate and elegant, with sweet, mellow aromas of white
owers and white musk. As it cools, it leaves behind elegant tannins of quince, white
peach, and matcha. Enjoy this year's top lot from a famous plantation with elegance.

 

コロンビア ヴァ―ジェ・デル・カウカ県より、単一農園であるホルグイン家が生産・精選精選方法に工夫を重ねたインマクラーダ農園はコーヒーの世界で初めて精選方法にカーボニックマセレーションを導入し、2015年のWBC世界チャンピオンであるSasa Sestic氏もその豆を使っていることで名を馳せた農園です。

更に2022年にミラノで行われましたバリスタチャンピオンシップでは1~3位の競技者が使用したことで、一気に知名度が上がりました。

農園が位置するカリ市郊外の山間部には3体の処女像が建てられており、そのうちのひとつが原罪の汚れや咎をもたない聖母マリア(ラテン語でImmaculata Conceptio Beatae Virgins Mariae)であることから、神の恵みを受けた穢れのない純真無垢で誠実な農園でありたいという願いを込め、そのスペイン語名であるInmaculadaを、全ての区画の総称ブランドとして掲げております。

営農を始めた当初は、現在では一番標高の低い1,650~1,750mの部分であるJardines(ハルジネス)区画のみしか所有しておりませんでしたが、より良いコーヒーの生産を目指し、さらに高い1,750m~1,850mのInmaculada(インマクラーダ)区画とMonserrat(モンセラット)区画、そして最後に最高標高部分であるLas Nubes(ラスヌーベス)区画を取得いたし現在は4つの生産区画を有しております。


楽しみ方:
サイズ:
個数:

Customer Reviews

No reviews yet レビューを書く

旬のフレッシュな人気商品はこちら

Recently viewed