No.4 Mekuria Mergia Washed

Origin : Ethiopia
Region : Guji, Hambela Wamena
Producer : Mekuria Mergia
Variety : Heirloom
Altitude : 1,950-2,000m
Processing : Washed
Crop year : 2020-21

インディペンデントな生産者

ウェテアンベラコーヒーは2018年創業のスタートアップである。彼らの創業の背景にはECXの規制緩和がある。2017年にECXのルールが変わり、輸出ライセンスの取得が比較的容易になり、制度上ダイレクトトレードが可能になった。2020年に初のカップオブエクセレンスが開催され、世界中のバイヤーが沸いたことは記憶に新しい。それをきっかけに多くの生産者やサプライヤーが起業した。

代表のメクリアは、元々イルガチェフェのホテルを家族で経営していたが、24年前コーヒービジネスに転向し、小規模生産者からコーヒーチェリーを購入しエクスポーターに提供するサプライヤーを営んでいた。その顧客にはモプラコやBNTなど著名な会社が名を連ね、彼の実力を物語っている。2017年頃、彼はすでにウォッシングステーションを所有し精製や発酵の技術を備えていたので、規制緩和は渡りに船だった。すぐに輸出ライセンスを取得し起業した。

今エチオピアではこうしたインディペンデントな生産者が増えている。数百袋単位など大きなロットが大半を占めるエチオピアだが、これからは中米のように農園名や生産者名が明記されたロットが増えるだろうし、精製方法や品種なども多様化するだろう。



最強のふたり

ウェテアンベラコーヒーの主要メンバーは、メクリア・メルジアとその妻エナテネシュ、エリアスの三人だ。彼らは首都アディスアベバの中心部にあるビルの四階にオフィスを構えている。イルガチェフェのWote Konga、グジのHambelaにそれぞれウォッシングステーションを持っているので、その二つの地名を組み合わせてWete Ambelaという名前を付けた。

「創業当時から特に苦労したことはありません。なぜなら私たちはお互いの強みを活かしながら、バランス良く仕事ができているからです。メクリアはコーヒーの生産や精製において長年の経験がありましたし、私はもともとエクスポーターで働いていたので、その領域に関してはプロフェッショナルでした。私たちは力を合わせて順調なスタートを切ることができました。うまくいっている秘訣は、お互いの仕事に集中していることでしょうね。メクリアは生産、私は輸出、それぞれの場所で自分の力を最大限に活かして仕事をしています」とエリアスは語る。

 近年注目されているエリアHambela Wamena

Hambela Wamenaは近年注目されているエリアで、甘さが強く、リンゴや洋ナシ等のフレーバーを表し印象が強いそうです。このWashedは青色や少し緑色を思わせる風味を感じます。同じエリアのNo.1のALAKA同様甘さの部分に特徴があると思います。ぜひ比べてみてください!

 

Leave a comment