No.6 Kayon Mountain Farm Natural

Origin : Ethiopia
Region :  Shakiso, East Guji, Oromia
Producer : Ismael Hassen Aredo
Variety : 74110, 74112
Altitude : 1,900-2,200m
Processing : Natural
Crop year : 2020-21
毎年浅煎りロースターの中で根強い人気を誇るカイヨンマウンテンのニュークロップ
カイヨンマウンテンコーヒーファームは500ヘクタールもの農園で、約300ヘクタールもの土地にコーヒーが植えられており、2012年よりIsmael Hassen Aredoとその家族によって所有、運営され ています。農園はエチオピアのシャキソ地方のグジゾーンもあるオロミア地方、アべスアべバから510km離れた場所に位置しており、TaroとSewana2つの村を跨ぐ広大な敷地です。 Ismaelは、25人の常勤従業員と300人の季節従業員のスタッフを監督しており、無料の輸送サービスと、コミュニティに対し、学校や管理棟を支援する為の財政的支援を提供しています。農園は 常に近隣の炭鉱と従業員確保の競争をしており、Ismaelは従業員にインセンティブをふくめた高 めの給料を支払う事で、毎年戻ってきてもらえる様工夫しています。 

カヨンマウンテンファームには苗床があり、日陰(アカシアや他の在来樹木)を利用してコー ヒーを保護し、自然に肥料を与える堆肥を作ります。Ismaelは、農場自体の構造と管理だけでな く、収穫と加工にも細心の注意を払っており、ウォッシュト製法またナチュラル製法共に敷地内 にて精製されています。

 

力強い味わいのコーヒーが多いGuji Zoneエリア

Guji ZoneはWest Gujiに比べるとさらにパワフルで酸、甘さ共にしっかりしておりケニアを思わせるような力強いテロワールがあるようです。確かに元々Gujiといえばスパイシーな印象があります。昨年のKayon Mountain Farmは桜梅桃李でも大人気でした。今年の届きたてのクロップをお楽しみください!

コメントを残す