コーヒーバッグをさらに美味しく淹れるコツ

お湯を入れるだけの簡単コーヒーバッグですが、ちょっとした工夫でさらに美味しくすることが出来ます。

今日は、当店おすすめのコーヒーバッグレシピを紹介します。

ホットコーヒー

1、お湯200mlを入れます。 

230秒ごとにスプーンで5−6回コーヒーバッグをぐりぐりと沈めます

32分で取り出します。

4、完成

スプーンでぐりぐりすることで、コーヒーの濃度の調整をすることができます。

2分で取り出すのは、渋みを出さずに、心地よい甘さが感じるコーヒーになりやすいです。当店で検証して、上のレシピがベストだと思います。

 

 

 

急冷アイスコーヒー

1、お湯を100mlにコーヒーバッグを入れます。

230秒ごとにスプーンで5−6回ぐりぐりと沈めます。

32分で取り出します。

4、氷が入ったグラスに注ぎます。

5、完成

 

お湯の量を半分にして作ると簡単に急冷のアイスコーヒーを作ることができます。

急冷のアイスコーヒーは、滑らかな質感がありながら、キレがありさっぱりと仕上がるのがよいです。

コールドブリュー

1200mlの水にコーヒーバッグを入れる。

2、冷蔵庫に一晩寝かせます。

3、完成

 

 

一番簡単なアイスコーヒーといえば、このスタイルですね。時間をかけて抽出するので、過抽出の渋みが出にくく、優しい味わいになるのが特徴です。少し薄いなと感じたら、何回かスプーンでぐりぐりすると濃度の微調整ができます。

このままレンジでチンすると、ホットコーヒーのように楽しめます。忙しい方におすすめです!

ぜひいろんなレシピを楽しんでください!