No.9 Niguse Gemeda Mude Natural

Origin : Ethiopia
Region : Bure woreda, Sidama
Producer : Niguse Gemeda Mude
Variety : 74158
Altitude : 2,320-2,380m
Processing : Natural
Crop year : 2020-21
カップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence:以下COE) は、高品質のコーヒーを競う最も権威あるコンテストです。
各開催国で毎年何千ものコーヒーが出品され、甘さ、フレーバー、質感などの8項目を評価し、最終的に数十までのコーヒーに絞られランキングされます。
受賞したコーヒーはプレミアム価格で全世界のバイヤーが参加するオンラインオークションで販売され、オークション収益のほとんどが農家の元へ支払われます。
COEは透明性の高いインフラを構築し、 農家の努力やハードワークが正当な評価、報酬に繋がるプログラムです。
2020年のCOEは、COVID-19感染症の世界的な流行を背景に、コーヒー生産国での国際審査の開催を取りやめました。
国内審査は従来通り生産国で行われますが、国際審査は世界6箇所のスペシャルティコーヒー関連企業をグローバル・コーヒー・センター(GCC)に認定し、そこに生豆を送付して十分な感染対策を講じたうえで審査する、という形式に変更されました。

2020年、初めて実施することになったエチオピアCOEに関してはサンプルをポートランドのACEオフィスに運んで、ポートランドでの審査が行われたとのことです。
これまでは国際市場とのつながりがなく、地元のバイヤーとECX(国営のコーヒー機関)にコーヒーを販売していました。
かかる手間と品質に比べて買取価格が安かったために落ち込むことも多かったそうですが、ここ2年の間にスペシャルティコーヒーのバイヤーが訪れるようになり、価格が向上したとのことです。
訪れるバイヤーが彼のナチュラルプロセスのコーヒーを非常に高く評価するため、カップ・オブ・エクセレンスにもナチュラルを出品することにし、みごとエチオピア初のカップ・オブ・エクセレンスで、最初の優勝者に輝きました。

「1位になることを目標にしていました。この結果によって私たちの素晴らしいコーヒーを宣伝し、利益を得る機会を得られることに興奮しています。」
「特別な賞を受けることができとても光栄に思います。この結果は、これからの励みになります。」と語っています。

自身のコーヒーの品質について、土地(環境)に恵まれているのではないか、と彼は語りますが、カップ・オブ・エクセレンスに向けてすべての工程を整え準備したそうです。
自分のコーヒーが優勝したことを受けて、近隣の生産者にも市場の注目が集まる機会になったことを喜んでいるそうです。

上品なシトラスフレーバーを感じやすいSidamoエリア

シダモらしさといえば、シトラスノート。このNiguseは流石のクオリティで、温度帯で様々な表情が見える複雑な味わいです。甘さ、スムースな質感のバランスが素晴らしいと思います。同じSidamoだとNo.3のTamiruです。雰囲気は似ていますが、見えてくるフルーツが結構違うので飲み比べると面白いです。

コメントを残す